笑顔とコミュニケーションを大切に、皆様を豊かな未来へナビゲートします

長田会計事務所

お問い合わせ・ご相談など何でもお気軽に。ご相談は無料です。 お問い合わせフォームはこちら 電話番号06-6944-2111
背景画像 MENU
HOME > お悩み解決

創業をお考えの方へ、こんなお悩みにお応えします。

創業に向けてチェックする項目はありますか?

創業に対する予備知識をつけることが成功の第一歩です。その事業を、なぜ、何を、誰に、どのように、どこで、いつするか、当事務所で具体的にチェックし、ご自身の創業に対する思いを一緒に確認しましょう。
当事務所では、豊富な創業支援の経験を活かし、皆様の疑問や不安を解消して、創業までサポートいたします。是非一度ご相談ください。

長田会計事務所の創業支援はこちら

事業を始めるのに、どれだけお金が必要ですか?

創業する際に、資金がどれだけ必要か?また、自分の生活費はどうなるのか?等、お金の問題は非常に大きなお悩みだと思います。このような不安を解消する為に、融資のお手伝いや助成金申請等のサポートをいたします。また、NLPカウンセリングによって心の不安も解消できるよう支援いたします。

長田会計事務所の創業支援はこちら

個人と法人では、どのような違いがありますか?

創業をする際に、個人事業で始めるか、法人を設立して始めるか、または個人事業で始めて、どのタイミングで法人を設立するか等、非常に悩まれると思います。
様々な面で個人と法人ではメリットとデメリットがあります。例えば、法人の場合、社会的信用度が大きくなり取引企業からの信頼も得やすくなります。その反面、決算業務が必要となり、税務処理も難しくなります。
当事務所では、お客様の状況をしっかりヒアリングし、様々なパターンを比較検討いたします。その上で、お客様が最適な組織で創業できるようにアドバイスし、サポートさせていただきます。

長田会計事務所の会社設立時の手続きはこちら

正しい帳簿のつけ方がわからない方へ、帳簿は事業が成功する為の基本です。

経理が全然わかりません。どうしたらいいですか?

財務状況や経営状況をしっかりと把握する事は事業が成功する為の必須条件です。事業や取引の流れを把握できるように会計処理を帳簿に記入していきます。
当事務所では、手書きやエクセル、会計ソフト等、会計業務の豊富な経験を活かして、最適な経理マニュアルを作成し、最低限必要な知識を解りやすくお伝えいたします。
その上で、経営者様が本業である経営に専念して利益が出来るように、必要な経理業務をサポートさせていただきます。

長田会計事務所の正しい帳簿のつけ方指導はこちら

領収書・請求書は大切な書類なの?

領収書や請求書は、会計処理に大切な書類です。法律では7年間保存をする必要があります。領収書や請求書の保存方法をお伝えし、習慣化していきましょう。
当事務所では、大切な書類をしっかりと管理出来るように「整理」「整頓」「清掃」の3Sを会計業務にも活かし、日々の会計業務をサポートいたします。

長田会計事務所の会計業務の3Sはこちら

今の税理士に満足していますか?税理士変更をお考えの方へ

きちんと決算書や申告書の説明をしてくれますか?

決算書は、数字が並んでいるだけでなく、事業を成長させ、体力をつけるためのポイントが表現されています。今の現状を理解し、今後の計画を立てるため、納得がいくまでご説明いたします。

親身になって、税務調査の対応をしてくれますか?

税務調査には、強制調査と任意調査があります。どちらも帳簿や書類をきちんと備えて、正しい会計・税務処理をしていれば、問題ありません。税務署等に対して交渉をいたします。

経営の悩みを気軽に相談できますか?

経営の悩みを話して課題を解決していくことは、会社を成長させることにつながります。親身になってお話をお聞きします。また経営者の集まる勉強会にて、自ら経営者としての勉強をし、経営課題を抽出して解決してきました。専門的な知識やノウハウで様々なご提案をいたします。

セカンドオピニオン税理士を探している方へ

事業計画を立てることができますか?

事業計画を立てれば、事業の進捗や課題解消へのプロセスを細かくチェックでき、事業が成功する確立が高くなります。ただ、事業計画を一人で作るのは、なかなか難しい作業で時間もかかるものです。
当事務所では、経営者の思い、会社の進むべき方向性に沿った事業計画を立てるサポートをいたします。数値計画だけでなく、行動計画をたて、実践する事業計画を立案します。

長田会計事務所の経営計画等作成支援はこちら

自社の課題を明確にして、解決をしたいのですが、相談に乗ってくれますか?

経営上の課題は、会社全体、経営者自身、社員教育、営業活動など様々な分野にあります。その課題を抽出し、優先順位をつけ、課題を解消できるように企業変革するためのサポートをいたします。

長田会計事務所の経営サイクル構築サポートはこちら

今の先生との関係を維持したまま、別の税理士からの意見を聞きたいのですが…。

多くの人が病院を選ぶ時、ホームドクターの診断以外に他の病院の再診断を求めます。会計・税務もそれと同様に、顧問税理士の判断以外に、他の税理士の意見を求める「税金版」セカンドオピニオン制度があります。また、法律で定められた定型業務を行う税理士とは別の相談業務に特化した別の税理士から意見が聞きたいという方もいらっしゃるでしょう。経営計画や決算診断など、経営の視点でもご相談をお受けいたします。詳しくはお問い合わせください。

相続・贈与でお悩みの方へ

自分の財産に対して相続税はかかりますか?かからないですか?

相続で一番大切なのは、配偶者、子供や孫たちに笑顔で財産を引き継ぐことです。その財産を誰に、何を、いつ、どのように財産を引き継ぐかでこれから納める税金は変わります。
まずは、現状を把握して、将来どのようになるかをシュミレーションをすることが大切です。まずはお気軽にご相談ください。

長田会計事務所の相続対策はこちら

遺言書はどうやって書いたらいいの?

遺言書を相続人に残すには、いろいろな方法があります。公正証書遺言を残すことを推奨していますが、まずはご自身が持っている財産をどのように引き継ぐか、どのようにしたら上手く引き継げるか想像することが大切です。
何度でも書き直すことができますので、今ある財産を書き出し、誰に渡すか明確にしてみましょう。その際は、当事務所が親身になってお手伝いいたします。

長田会計事務所の相続対策はこちら

お問い合わせお電話でのお問い合わせ:
06−6944−2111 営業時間:09:00-17:00 月〜金 休み:土・日・祝
お問い合わせフォームお問い合わせフォームはこちらから!
背景画像
  • HOME
  • 事務所概要
  • 問い合わせから契約の流れ
  • Facebook
  • セミナー案内
  • プライバシーポリシー
  • サイトマップ
背景画像
メールマガジン配信登録はこちらから お問い合わせフォームはこちら 長田会計事務所facebook